当たり前にできる業務支援を大切にしたら

会社に入れば、どこかに所属部署を決められ、そこで仕事をすることになります。大きな会社になればなるほど、組織が細分化されますので、まさに隣は何をする人という状況になることも珍しくありません。それぞれに担当する仕事が細かく割り振られ、それがあちこちの部署を渡っていく事で、最終的に完結するようになるからです。そうなると、誰かやどこかといった、特定の人やモノに対して業務支援を行うことは、非常にむずかしいことのように思えてきます。結局のところ、それぞれの部署でそれぞれの担当者が滞りなく仕事を進めていく事や、次の部署に移っていったときに仕事がしやすくなるようにと考えて自分の仕事をすることが、とどのつまり、業務支援なのかもしれません。次のことなどお構いなしという考え方を改めるだけで、知らない間に支援になっているのでしょう。

自然に業務支援につながる仕事ができる人を

世の中にはいろいろなタイプの人がいるもので、非常に周りがよく見え、自分の仕事をしながらも、それが周りの誰かにとってもやりやすい状態に仕上げる人がいます。かと思えば、自分のことだけしか考えず、自分がやりやすいようにやったことが、次の人にはやりにくいということも往々にしてあるものです。どちらがより効率よく、そして気持ちよく仕事を進めていけるかについては、議論の余地はありません。周りに気を配り、先を見越して仕事ができる人が多ければ、その人が行う仕事は自然に他の人の業務支援につながるでしょう。仮に、そうすることが自分の仕事をやりやすくする場合であっても、結果的に次なる部署での業務支援につながるのであれば、結果オーライと言えるのではないでしょうか。どんな会社も職場も、そうした人材を求めているに違いありません。

業務支援の体制が整った企業は

会社のトップで仕事をしている人は、下の者には理解できない複雑でむずかしい問題を、処理していると考えられます。実際、その通りなのですが、そうしたトップの人たちがむずかしい仕事に取り掛かれるのは、普段からルーティンワークと呼ばれる、毎日同じ仕事を黙々とこなしてくれる社員が、会社に大勢いるからに他なりません。それが、トップの人たちのむずかしい仕事を支える、いわば業務支援になっていると言えます。もちろん、すべての社員が、与えられた仕事をこなすことで給料をもらっているわけですが、彼らがこなす一つ一つの仕事が会社を存続させていることもまた、まぎれもない事実です。一つの仕事が次の仕事の支援となり、それが滞ることなく脈々と続いているとしたら、業務支援の体制がきちんと整っている企業であると言えるのではないでしょうか。

Leave a Reply

*